旨い状態で吸えるまで「休煙」だ。 o( ̄ー ̄θ★ケリッ!

第68回★あなたのコツコツ節約術」について
節約しようと思って始めた所、
「節約する必要」がなくなってしまったことです。

「タバコの値段」が270円、300円、320円と値上げされ、
愛煙者の懐を締付け始めた頃、何とかしないと、「タバコも吸えなくなる」と思い、
節約することにした。
どうやって節約するのかというと、通常であれば、吸い終った吸いがらは捨てるが、
この吸いがらから、ハッパをほぐして、缶の中に保管しておく、
値上がってからは、1日一箱と決めていたので、その一箱を早く消費してしまうと、
保管してあるハッパを、キセルよりも少し大き目のパイプに詰めて一服していた。
そんな事を繰り返していると結構「節約」になった。

うぅ~ん!いぃ~じゃ~あぁ~りませんか?!と一人で納得していた。

ところが、なんだかタバコがまずくなってきた。
炭を吸っているような、焦げ臭いような、煙いだけで味がないようになった。
そんなぁ~!これは、保管しておいた「節約タバコ」に湿気があるからだと、
電子レンジで乾燥した。
でもやっぱり、味気ないタバコだった。

仕方がないので、新しいものに手を付けた。
でも、やっぱり、炭を吸っているようで味気ない。

よし、これはきっと、まだ吸いたくないんだ。
少し時間をあければ、食後の一服なら・・・と一寸我慢した。
食後の一服も同じく味気ない。

一体なんだ!

2~3日我慢したら、きっと旨いタバコを吸うことができる。
当然、新品のタバコで試した。

だめだ。

うぅ~ん!うまぁ~い!!という感覚がない。

我慢する期間を、2~3日から5~6日にし、1週間にしてと伸ばして行った。
これだけ我慢すれが、きっと「旨いタバコが吸える」と期待だけが大きくなった。

しかし2ヶ月間、こんなことを繰り返しているうちに、なんだかむなしくなって、
旨くもないものをこれだけ「努力して吸うこともない」と思うようになった。

結局、努力不足と、根性のなさで、タバコを吸うことを諦めた。

決して「禁煙」した訳ではない。

旨い状態で吸えるまで「休煙」だ。 o( ̄ー ̄θ★ケリッ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

けいちゃん
2007年11月18日 07:39
羨ましい!!なんで、煙草おいしくなくなったのでしょうね!?私もやめたいです(笑顔)