薩摩藩イギリス密航留学生

第4回「薩摩藩イギリス密航留学生」
画像

 長州五傑とほぼ同時期に、薩摩藩からも19名(うち2名は他藩出身者)からなる密航留学生がロンドンに派遣されました。両藩の若き密航留学生たちは、ロンドンで交流があったことが知られています。

 薩摩藩の密航留学生のなかにも、長州五傑と同じく「父」なる称号を得た藩士がいます。五代友厚(ごだいともあつ・1835~85)、寺島宗則(てらしまむねのり・1832~93)、町田久成(ひさなり・1838~97)、村橋久成(1842~92)の4名です。五代は「大阪財界の父」、寺島は「日本電気通信の父」、町田は「日本の博物館の父」、村橋は「ビールの父」と称され、密航時の年齢は、五代が30歳、寺島が33歳、町田が27歳、村橋が23歳でした。

 薩摩藩では、「維新の父」と呼ばれた薩摩藩主・島津斉彬が1857年(安政4)から密航留学を構想し、1859年(安政6)の春に留学生を派遣することが決定していました。1862年(文久2)6月の幕府による日本初のオランダへの留学生派遣や、1863年(文久3)5月の長州五傑に先立つこと数年、斉彬は実に開明的な思想の持ち主でした。

 ところが、1858年(安政5)7月に斉彬が急死したため、留学生の派遣は頓挫してしまいます。7年後の1865年(元治2)四月、斉彬の遺志を継いで留学生の派遣の実現に尽くした中心人物が五代友厚でした。

 薩摩藩士の次男に生まれた五代は13歳の時、父が藩主・島津斉興(なりおき)から世界地図の模写を命じられると父に代わってこれを二枚模写し、一枚を斉興に献じ、もう一枚を自宅に掲げて日夜眺め、さらにはこの地図から地球儀を制作して世界に羽ばたく夢を膨らませていきます。五代は早くから才能を認められ、1857年(安政4)、長崎海軍伝習所に留学、航海・砲術・測量・数学などを学びます。

1862年(文久2)には島津久光から汽船購入の命を受け、上海に渡りました。まだ海外渡航が禁止されていた時代だったので、水夫に変装しての密航でした。上海に着いてから羽織袴に着替えて奔走し、ドイツ製の汽船八隻を買い入れ意気揚々と帰国すると、長崎港で出迎えた人々は驚愕します。五代はいち早く外国情勢を見聞し、商才の片鱗を見せたのです。

 1863年(文久3)、生麦事件を契機に起こった薩英戦争の際、五代は藩船・天佑丸(てんゆうまる)に乗り込みますが、寺島宗則と共にイギリス海軍に捕らえられてしまいます。そして、鹿児島がイギリス艦隊の砲撃を受ける様をイギリス艦の甲板上から痛感し、外国の実力をまざまざと見せつけられました。

 この時、五代は、すでに鎖国攘夷論を主張する余地はなく、むしろ開国こそが日本を発展させる道であることを身をもって知りました。そして、富国強兵の基礎をつくるため上海との貿易を振興させようと考え、同時に西洋文明を取り入れるため、藩内の俊才たちの海外留学を建言します。これが受け入れられ、1865年(元治2)4月、視察員・通弁・留学生からなる密航遣英使節団19名が旅立つのです。五代と寺島は視察員として、町田と村松は留学生として参加したほか、初代文部大臣となる森有礼(ありのり)なども留学生として参加しました。
大阪をつくった男

 1866年(慶応2)に帰国した五代は、薩摩藩の討幕運動を支えます。貿易拡張や武器弾薬の調達などを通じて、西郷隆盛や大久保利通をはじめ、木戸孝允、高杉晋作、坂本龍馬、伊藤博文、井上馨ら当代の志士たちと広く交わり、「日本経済の近代化の恩人」ともいうべき存在として、維新後は「東の渋沢(栄一)、西の五代(友厚)」といわれます。特に関西財界では、「大阪をつくった男」として、いまなお尊敬されています。

 渋沢と五代が、日本経済の近代化を推し進めたのには、共通する危機感があったからにほかなりません。

「国家の基礎は商工業にある。政府の官吏は凡庸でもよい。商人は賢才でなければならぬ。商人賢なれば、国家の繁栄たもつべきである……」

 これは、渋沢が大蔵省を辞めた時の言葉です。渋沢がこうした考え方を持ったのは、ヨーロッパを回って産業、商業、金融などの先進国の経済実状を学んだからです。当時の欧米諸国では、商人(経済人)が政治家や軍人たちと対等の関係を持ち、ベルギーなどでは王がみずから鉄を売り込むように、ビジネスが立国の基盤でした。渋沢が大蔵省を辞し、ビジネスの世界に身を置いたのは、当時の優秀な若者がすべて明治政府に取られ、実業界に優秀な人材が足りなくなると考えたからです。

 五代が渋沢と同じ危機感を持ったのは、やはり、幕末に上海やイギリスに密航し、国際情勢・外国の実力を体感し、富国強兵のためには商工業の振興が不可欠だと考えたからです。長崎での経験やヨーロッパでの経験から、維新後は参与職外国事務掛として「神戸事件」「堺事件」「イギリス公使パークス襲撃事件」などの外交処理に当たり、大阪造幣寮(現造幣局)の設立に尽力した後、五代は新政府を退官します。

 そして、大阪を拠点に実業界に身を投じ、政界の実力者・大久保につく「政商」として、鉱工業・船舶・港湾・鉄道・出版・印刷・商社・銀行など、あらゆる事業の創始に関与しました。また、大阪商業講習所(現大阪市立大学)、大阪株式取引所(現大阪証券取引所)、そして大阪商法会議所(現大阪商工会議所)の設立にもかかわっています。

 この時期、大阪では、維新の混乱で「天下の台所」とまで言われた大阪の伝統的商慣習がまったく役に立たない窮状に瀕していましたが、五代は彼らを奮起させ、大阪の経済的基盤を再生しました。

 日本経済史の権威・宮本又次も、五代について次のように指摘しています。

「五代は志士的態度を失わず憂国的で、ナショナリズムの気概が旺盛であり、また正義派でもあった。常に国民経済の成立に対応して、多かれ少なかれ、国民的利害を念頭においていた。しかしその上に五代の場合、大阪にその本拠をもっていた関係上、地域社会の発展をも念願していた。かつて「天下の台所」「諸色値段相場の元方」であった大阪の過去の輝かしい繁栄とその復権を考えていた」(『五代友厚伝』有斐閣)

 1885年(明治18)、五代は50歳の短い生涯を閉じます。この時、大阪の街では多くの人がその死を悼み、おかみさん連中が「五代はんは大阪の恩人や」と語り継いだといわれています。五代が、関西財界の恩人として、「近代大阪経済の父」「大阪財界の父」と呼ばれるゆえんです。

日本の電気通信の父

 五代が中心となって薩摩藩の留学生派遣を進めた時点で、松木弘安(こうあん)こと、後の寺島宗則は藩内唯一の渡欧経験者でした。

 寺島は、薩摩藩出水(いずみ)郷士の次男に生まれ、父の実兄で鹿児島藩医師の松木宗保(そうほ)の養子となり、藩校造士館に学びます。14歳で家督を継ぐと江戸に出て、戸塚静海(せいかい)、伊東玄朴(げんぼく)、川本幸民(こうみん)らに蘭学を学び、幕府蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授手伝を経て、帰郷後、薩摩藩主・斉彬の侍医となりました。

 1855年(安政2)には、斉彬の命により、後に「化学の父」と呼ばれる川本幸民と共に電信機を考案し、1857年(安政4)には電信機の実用実験を行っています。このような開明的な人材と出会うことで、寺島は維新後の「父」なる事業への歩みを始めました。

 1861年(文久元)、幕府第一回遣欧使節(文久遣欧使節)に随員として加わった寺島は、福沢諭吉ら総勢38名の団員と共にイギリス・フランス・オランダ・ドイツ・ロシア・ポルトガルを歴訪し、西洋の近代文明をつぶさに見聞しました。この経験と英語・フランス語・オランダ語の三カ国語を操る語学力に加え、医師としても一流であれば、薩摩藩が留学生を派遣する局面で、人選に当たって真っ先に寺島がクローズアップされたのは当然といえるでしょう。

 寺島は、イギリスに到着すると、外務大臣に雄藩連合政権樹立の構想を伝え、対英外交の先駆け的な役割を果たします。維新後は、新政府参与兼外国事務掛、外国事務局判事、外国官判事などを歴任し、外交の第一線で西洋文明の導入に尽力しました。1869年(明治2)に外務省が設置されると、初代外務大輔に就任。征韓論政変(明治六年政変)直後には参議兼外務卿として、千島樺太交換条約(1875年)や日朝修好条規(1876年)に調印しています。3カ国語に通じた寺島は、通訳抜きで条約改正交渉に臨み、条約の発効には至りませんでしたが、近代外交の基盤をつくりました。

 明治新政府で参議や外交などの要職にあった寺島ですが、彼の隠された功績の一つが電信の創設です。薩摩藩時代から外交の最前線にいた寺島は、外国相手の諸問題を解決するには速やかな情報伝達が不可欠であると痛感し、電信創設を建議して許可を得ます。

 1869年(明治2)9月10日、最高責任者として横浜-東京間の電信線架設工事に着手すると、わずか3カ月後の12月25日、路線延長約32キロメートル、電柱593本の工事が完工しました。寺島はこの工事に絶対的な自信を持っていました。14年前から斉彬や川本とかかわるなかで、電信がどういうものかを理解していたからです。

 1859年(安政6)の開港以来、文明開化の先端をいく横浜の地に、西洋文明の象徴ともいうべき電信業務が開始されました。こうして日本の電信事業の幕を開いた寺島は、「日本電気通信の父」「電信の父」と称されます。

 横浜裁判所内の電信局と東京築地運上所(税関)との間の電信架設工事が着手された1869年(明治2)9月19日(新暦での10月23日)は、今日、電信電話記念日とされています。
上野に近代博物館を創設した「日本の博物館の父」

 大久保利通は、維新後、1871年(明治4)から1873年(明治6)にかけて岩倉使節団の副使として欧米を視察し、我彼の差に大きな衝撃を受けます。強大な国家をつくるため、帰国後、大久保は官主導で殖産興業を推し進めます。内国勧業博覧会では大久保みずからが陣頭に立ち、総裁に就任したほどです。

 この内国勧業博覧会と日本初の博物館の創設を通じて殖産興業に尽力したのが、町田久成と田中芳男(よしお・1838~1916)です。

 町田は、薩摩国日置郡(現鹿児島県鹿児島市)の石谷城城主・町田久長の長男に生まれ、19歳で江戸に出て昌平黌(しょうへいこう)に学びます。帰藩後は26歳の若さで大目付に昇進し、藩の洋学教育機関・開成所の初代学頭となりました。

 その後、薩摩藩遣英使節団の副使として渡英し、二年あまり滞在する間、パリ万国博覧会にも参加しています。帰国後は、太政官博覧会事務局や内務省で、博覧会の開催や博物館の創設に努めます。町田が構想したのは、イギリスの「大英博物館」を手本にして、知識的な古美術と図書を収集して公開する人文系総合博物館です。博物館設置を建言した彼は、内務省(後の農商務省)博物局長として博物館の創設に尽力、1882年(明治15)、上野に日本最初の近代博物館が創設されると、初代「博物館」館長に就任しました。「日本の博物館の父」と呼ばれるゆえんです。

 町田はまた、神仏分離令による廃仏毀釈運動の影響で荒廃した全国の社寺の宝物を調査し、歴史的文化財の保護を太政官に働きかけます。これを受けて、太政官が1871年(明治4)5月23日に布告した「古器旧物保存方」は、日本で最初の文化財保護法といわれています。国家による文化遺産の保護に尽力したことから、町田は「文化財保護の父」とも称されています。彼の博物館構想は、人文系の総合博物館づくりのための資料収集の一環をなすものです。

自然科学の博物館に貢献したもう一人の「父」

 これに対し、自然科学系の博物館づくりに貢献したのが、もう一人の「日本の博物館の父」、田中芳男です。田中は、信濃国下伊那郡(現長野県飯田市)に生まれ、名古屋の伊藤圭介(けいすけ)門下で蘭学・本草学を学んだ後、幕府蕃書調所に出仕します。

 1866年(慶応2)には、パリ万国博覧会に派遣され各地の博物館などを視察し、博覧会と博物館について学びました。なかでもパリのジャルダン・デ・プラントという、自然博物館、動物園、植物園を含んだ広大な施設は、田中の理想像となりました。

 帰国後は、開成所御用係、大学南校を経て、文部省博物局の役人として、1872年(明5)に開催された湯島・大盛殿の博覧会で実務を担当します。その後、ウィーン万国博覧会、フィラデルフィアの万国博覧会にも派遣され、自然科学と殖産興業に寄与する科学産業博物館の創設を構想し、町田らと博物館の建設を推進しました。

 内務卿大久保は、田中の構想にあった学園公園をつくり、第一回内国勧業博覧会を開催することを決定し、博覧会後には博物館と動物園を建設することを約束しました。こうして、1876年(明治9)に上野公園が開園し、1877(明治10)に第一回内国勧業博覧会が開催され、田中は御用係を務めています。そして1882年(明治15)、わが国最初の博物館と動物園が開園し、これらを含む学園公園(上野公園)が誕生しました。

 殖産興業発展における田中の業績はこれにとどまりません。亜麻の栽培、輸入植物の栽培試作(白菜・アスパラガスなど)、西洋りんごの接木、コーヒーの木の栽培、製茶共進会をはじめ共進会の開催、ソメイヨシノの発見、田中ビワの発見、洋風並木の導入、凍冷蔵庫の紹介、また、大阪舎密(せいみ)局(舎密=化学の意味)の創設、伊勢の神宮農業館と神宮徴古館の創設、駒場農学校(現東京大学農学部)の発案など、まさに殖産興業に尽くした生涯でした。

 田中はまた、多くの新植物を発見し、『垤甘度爾列(ドカンドル)氏植物自然分科表』を著すほか、日本で初めて動物学と題した『動物学初篇哺乳類』を出版したり、「綱」「目」「科」「属」「種」「甲殻類」「爬虫類」などの訳語を初めて使用したりと、自然科学分野でも先駆的な功績を残しています。

 漢方医の父・隆三から「いやしくも人として、この世に生まれたからには、学んで、人の人たる道は、自分相応の事をして、世の中の益をはからなくてはならない」という教えを幼少の頃から受けた田中は、そのとおりの生涯を貫きました。

 同じ年に生まれ、同時代を生き、共に「日本の博物館の父」と称される町田と田中ですが、かたや人文系、かたや自然科学系というように、異なる博物館を目指したことから、一説によれば、二人の間に意見の対立があったということです。真偽のほどはわかりませんが、町田には「文化財保護の父」、田中には「博覧会の父」という、「日本の博物館の父」とは別の称号があったことに違いが表されているといえるでしょう。
北海道ビール生みの親

 2005年(平成17)9月23日、北海道知事公館前庭に一人の男の胸像が建立されました。建立のきっかけになったのが、高橋はるみ知事の2003年(平成15)7月の道政執行方針演説です。知事は、演説のなかでこの男の北海道での功績を取り上げ、これが契機となって、胸像建立の運動が起こり、知事の熱心な働きかけもあり実現したのです。

 この男の名は、薩摩藩イギリス密航留学生の一人、北海道においてビール事業を創始したとされる村橋久成です。

明治初期のビール事業は、ワイン事業などと同じく殖産興業の一環として官営事業としてスタートします。1876年(明治9)、北海道開拓使によって官営の「開拓使麦酒醸造所」が設立され、後に民間に払い下げられ、1888年(明治21)に札幌麦酒(現サッポロビール)となります。これが今日まで発展しているのはご存じのとおりです。

 開拓使麦酒醸造所の設立に、北海道開拓使の官吏で建設責任者としてかかわったのが村橋です。1866年(慶応2)に帰国した村橋は、戊辰戦争に参加し、黒田清隆(きよたか)らと箱館に向かい、榎本武揚(たけあき)に降伏を勧める交渉を任されました。黒田から絶大な信頼を得た村橋は、黒田の開拓次官就任に伴い開拓使に出仕し、イギリスで見た近代産業を北海道で実現すべく尽くします。

 その一環として「開拓使麦酒醸造所」の設立がありました。当初、東京での建設が予定されていたのを、北海道での建設へと政府が変更したのは、村橋の強い訴えがあったからです。村橋は、麦汁を摂氏10度以下に冷やして発酵させる本場ドイツの技術によるビール醸造を目指しました。それには大量の氷が必要です。そこで、ドイツの気候に似た北海道が最適であると考えたのです。北海道でのビール醸造の道を拓いた村橋が、「ビールの父」と称されるゆえんです。

 村橋は、開拓使の官吏として北海道産業の近代化の基礎を築いたわけですが、1881年(明治14)の北海道官有物払い下げ事件発覚の直前、突然辞職して行方をくらまします。托鉢僧に身を変えて行くあてのない行脚放浪の果て、11年後の1892年(明治25)9月25日、神戸の路上で行き倒れになっているところを発見され、三日後に息を引き取りました。

 村橋を含む薩摩藩出身のイギリス密航留学生17名(総勢19名のうち2名は他藩出身者)の名は、鹿児島の玄関口JR鹿児島中央駅の正面には、「若き薩摩の群像」碑が立っています。
(つづく)
「薩摩藩イギリス密航留学生」五人の墓所
五代友厚墓所(大阪市営南霊園阿倍野墓地・大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋)
寺島宗則墓所(海晏寺・東京都品川区南品川)
町田久成墓所(津梁院・東京都台東区上野桜木/法明院・滋賀県大津市園城寺町)
田中芳男墓所(谷中霊園・東京都台東区谷中)
村橋久成墓所(青山霊園・東京都港区南青山)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント