テーマ:田舎者の常識

悲惨でした Windows 10 Fall Creators Update 

PCを立ち上げたら、青い画面で何やらくるくる回っていました。 「PCが何度か再起動します。」 50%完了などと出ていました。 朝、出かける前に情報サイトを閲覧した際、何やら大型アップデートが始まると記載されていました。 へぇ~、またやるんだ ちょっと見ただけでした。 一般には徐々にアップデートが始まる。とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10のクリーンインストールをしました。

Windows10のクリーンインストールをしました。 今年の春先にクリーンインストールをしようと思ったのですが、 ネット検索したところ、「デバイス」「周辺機器ドライバー」など設定の確認、適合するドライバーの確保など、面倒なことが記載れており、 クリーンインストールに失敗し、パソコンが立ち上がらないなどの不幸なニュースもあったので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows 10 は、パソコン利用者を堕落させるOSなのか?

アクセスを起動した。ビジーマークが動いているのに、画面が表示されない。 えぇ~、又かよ。CDからソフトの復旧をしようとした。しかし、インストールが途中で停止してしまった。 オンラインで復旧を試みた。復旧完了、これでダメなら他を試せと表示された。 ダメだ。アクセスをアンインストールしオンラインでインストールし直した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなっちまったんだ!!長野地方法務局

「先日の受付けた建物表題登記、表題登記じゃなくて表示変更登記ですよね!住宅が同一敷地内にありますよね。」 「申請人は、物置を主たる建物、便所を附属建物とし登記することを望んでいます。」 「それは申請人の意思でしょ!」 「そうですよ」 「物置も便所も母屋の附属建物じゃないんですか?!」 「えっ、どういうことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

登記官に振り回されています。

建物表題登記申請をした。 前回は原本提示の際、原本が一時紛失しあわや「原本提出無し」などと処理されてしまうところだったので、 今回は、100円ショップで購入したチャック付き透明袋B4に原本を入れ、 「原本提示でお願いします」と受付に提出した。 透明袋B4に「土地家屋調査士ずくなし」と記入したカラーガムテープを貼り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原本なくしちゃったのね!

建物表題登記申請をした。 今回の申請は、昭和47年に新築した建物を表題登記するものだ。 数年前相続登記をした際、取り壊す予定なのか、建物として価値が無いと思ったのか、 その他の建物、土地は相続してあるのに、この建物だけ相続していなかった。 ところが、状況が変化し、抵当をつけることになり、同じ敷地内に未登記建物があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春スキー

板と靴を新しくしました。 テレビの番組で、スキーヤーの衝突事故が多発、死亡事故となっていると言っていた。 重大事故にならないよう「ヘルメット」を着用することが良いとも言っていた。 海外ではヘルメットの着用率は70~80%で、国内では10%前途だと言う。 ヘルメットを購入しました。 用具を新しくしたら、試して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AbiWord  使い勝手の良いワープロソフトです。

Windows 10 にしたら「Microsoft Office」が、わがままを言い出し始めた。 以前Officeで作成した文書を開くたびに、「マクロを有効にするか?無効にするか?」と言い出す。 面倒だ。 「Microsoft Office」のバージョンも古い、バージョンアップしてまで使おうとも思わない。 文書作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Google日本語入力システムに変更した

日本語入力システムをGoogle日本語入力システムに変更した。 ウインドウズ10にしてから、「Microsoft IME」を使っていた。 ウインドウズ10にする前は、「ATOC」も一時的に使っていたが、バージョンアップしていなかったため、 ウインドウズ10では使用することができなくなってしまった。 Microso…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウインドウズ10 アプリデータが消えた。

2016年10月13日 マルチコマンドラインランチャー 「Aqulina」が起動しない。 ショートカットキーを入力しても、Aqulinaの入力画面が現れない。 ありゃ、全ての基になるランチャーが起動しなければ先に進めない。 タスクマネージャーを開いて確認すると、Aqulinaは起動していることになっている。 タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LibreOfficeベースが少し分かった

LibreOffice ベースの使い方が少し分かってきた。 マイクロソフト・アクセスに似ているので、ついアクセスで作業するような感覚になるが、少し考え方を変えて調整した。 フォームでのタブは使えないため、入力項目の設定を少なめにし、別のフォームを作る。 アクセスなら同じフォームの中にタブを作成し、タブで入力画面の切替が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LibreOfficeで改訂版調査書を作った。

LibreOfficeで改訂版調書を作ってみた。 データテーブル、クエリー、フォームはアクセスと同じように作ることができ、動作も調子がいい。 しかし、肝心なレポートがうまく作れない。 LibreOfficeのWriterでレポートを出力すると言うことであるが、Writerのページ設定が思うようにできない。 Wri…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンライン申請で電子署名ができません

不動産登記法第93条に記載されている調査書の様式が改正された。 それに伴い、調査書作成ソフトも新しくなった。 以前のものもそうだったが、入力するところがダブっていて使いにくい。 自分で使い易い物をアクセスで作って使用している。 久しぶりにアクセスで改製様式に適合するものを作った。 ウインドウズ7までは、マイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆界特定をしたとの通知が来ました

2015年2月に申請した「筆界特定」の結果を知らせる通知が来ました。 これで宅地造成の作業を進めることができます。 おいらが筆界特定申請で主張した境界は黒線部分 B6→B5→CC86を結ぶ線です。 筆界特定された境界は赤線部分 Z1→Z2→CC86を結ぶ線です。 境界立ち会いに欠席した人の土地なので現場にあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウインドウズ10 ビルドアップ

朝、パソコンを立ち上げたら、「ビルドアップ」が何とかとメッセージがあった。 ウインドウズ10にしてから、調子も良いし、何も気にしていなかった。 ウインドウズ10にグレードアップした時は、心配であったが、慣れてしまった。 ビルドアップは、「ウインドウズ10を使いやすくするため更新である」と画面表示されていた。 まっ、使いやすくなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボーダーコリー 欲しいぃ~!

ありがとうございます 現在「筆界特定」進行中です。 「筆界特定」は、新しい制度です。 短期間に解決するものと思っていたら、 なんと、なんと 半年から1年かかるそうです。 ああぁ~、面倒くさいですね。 先日、牧場に行きました。 売店のベンチに腰を下ろしたら、ベンチの下で何かが動くのです。 え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブロック塀を勝手に設置したんだから

道路監理課指定日に、道路と隣接する土地の境界を確認するために境界立会を行った。 隣接地と市道との境界を確認し、分筆予定地に隣接する土地との境界も確認した。 分筆地に建物を建てる際、道路幅が4メートルになるよう道路幅を確保するため、分筆地を道路用地として、市に譲渡する。 関係者の協力により無事立ち会いは完了し、現況道路が…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

立合には出られない

「立合には出られない」と連絡があったと社長から電話があった。 電話では内容が分からないので、事務所に出向いた。 隣接地権者の一人から、「立合の内容が分からないから立合に出席しない」と電話があったという。 内容な分からないはずはない。 立会依頼書にも、立合の理由と立会場所に印を付けた公図の写しを添付してある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の国調 終了しました。

役場の担当から連絡があった。 「相手の方が、放棄したいと言っているんですが?」 「はぁ~、放棄とはどういうことでしょうか?」 「さぁ~?放棄したいとだけで、確認して欲しいと言いました。」 何を言わんとしているのか不明である。 所有権の放棄はできない。 放棄できる権利は、今のところないはずだ。 「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

あぁ~、俺は竜馬か?!

最終的に境界を決めなくてはならない。 相手の主張と依頼人の主張が相違するので、 それぞれの主張する境界を復元し、筆界特定申請をする。 相手から連絡がないので、依頼人にどうするか確認した。 「良いように進めてくれ」と言う。 そう言われても、現地に境界を復元するのは大変です。 ぐずぐずしていると冬になって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後通告をしました。

対象隣接者から連絡がない。 TELしたが応当がない。 留守電にしてあれば、用件を伝えられるのだが、留守電になっていない。 朝、昼、夕、夜間と電話連絡したが、でない。 文書にしポストに投函したが、連絡がない。 役場の図面を閲覧し、最初の思惑通り、面積が増えたから、それで満足し、 そっとしておけば事は収ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全部フリーソフトで大丈夫みたい!

申請先 長野地方法務局 添付書類は「ReaderXI+セコムファイルで署名」大丈夫のようです。 建物表題登記申請で「ReaderXI+セコムファイルで署名」、原本提示で原本が返却されました。 住所証明情報はAcrobat8のデフォルトで電子署名をしたPDFを添付しましたが、大丈夫でした。 調査報告情報に建物の写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「筆界特定申請」をすることにしました

境界復元は、隣地所有者の境界に対する認識を確認した後行うことを連絡した。 どうしてそんなに面倒なことをするのかと質問された。 山林で境界復元をするのが厄介で、とんでもなく時間がかかる。 報酬もそれだけ高くなるので、できるだけ料金を抑えるような方向で行きたいと答えた。 また、裁判になるようなことがある場合でも「筆界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「筆界特定制度」だ!

異議申立てがダメならどうしましょうか? 「筆界特定制度」を利用できないものか? 「筆界特定申請」を行い、一気に筆界の確定と復元をやってもらおう。 おおぉ~、良い考えだ。 早速筆界特定申請の準備をはじめた。 隣接者の筆界についての認識を確認する必要がある。 矢印型の土地所有者にTELした。 「図面…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

審査請求の対象外です。

異議申立てをしようと思うんですが、どうなんでしょうか? 担当は目を丸くした。 えぇ~!何ですか? 行政不服審査法の「異議申立て」です。 立合の成果に対する「異議申立て」なんです。 行政不服審査法の対象になりますよね? 即答しかねるとのことで、スタンバイ 数日後TELがあり「異議申立て」は、適用外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more